血糖値を下げる方法

血糖値ヘモグロビンA1cが高い

血糖値,下げる,方法

40代に突入したサラリーマンですが、会社の健康診断でとうとう「ヘモグロビンA1c」の数値が高いから気をつけるように、と言われました。

 

ヘモグロビンA1cを調べると「血糖値」のこと。
医者によっては「HbA1c」と書かれてる場合もあります。

 

血糖値ならば120mg/dLを超えると要注意で、ヘモグロビンA1cの場合は6.2%未満が基準値。
どちらもわずかながら上回っている。。

 

30代の頃は気にならなかった食べ過ぎ飲みすぎ、40代になってからは仕事が忙しいので運動不足は否めない・・
なので、肝機能やコレステロール値が高いのは覚悟してたんですが、血糖値はちょっとショックでした。

 

そこで血糖値を下げるために出来る方法調べてみると「3つ」ありました。
この後に書きますが、簡単だと思った「3番目」の方法というのはこれ!

 

血糖値,下げる,方法 「3番目」の方法を始めました。

 

せっかちな性分もありますが、これを発見できたのはとても良かったです。


血糖値が下がらないとどうなるか

血糖値,下げる,方法

血糖値が高いまま放っておくと、糖尿病を発症する可能性が出てきます。
この糖尿病に一度なってしまうともう一生のお付き合い。。

 

投薬治療も必要ですし、何より怖いのは合併症なんですよね〜。

 

神経障害や目の異常、腎臓などの臓器障害、そして心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすこともあるとのこと。
健康診断でヘモグロビンA1c(HbA1c)の数値が気になったら、とにかく早く手を打ったほうが良いということでした。


血糖値を下げるには、次のような方法がありました

で、調べてみたところ血糖値を下げるには方法が3つあるようです。
もちろん薬以外で、です。

1.糖分摂取量を抑える

炭水化物の過剰摂取をまず減らすことが大切!
ゆっくり食べることで満腹感が増すので、遅飯励行。
食事をする順番が大切で、ご飯を食べるのは後。
野菜から順番食べるようにする。
炭水化物を控えると、脂質などコレステロールが増えるのでバランスに注意すること。
油は健康に良くないと言われてきましたが、最近は逆に「油は摂取したほうが良い」ということが研究で分かりました。

 

2.適度の運動をする

適度な運動を習慣化することが大切!
ハードな運動をする必要はなく、食後すぐに運動するのはNG。
同じ運動でも有酸素運動をすること。
ジョギングやウォーキングなどは、脂肪燃焼効果と血中糖分がエネルギーに変換されるので良い。
週に3〜5回、そして1日30分を目安にする。

 

 

3.サプリメントを利用する

上記の方法がなかなか続かないと思ってる場合、強力なサポートになる!!

 

 

食事の制限や運動も試した方も多いでしょうが、結局ご飯は食べたいし、運動は続かないし、ってなっちゃうんですよね。
糖尿病になってしまったら、薬とは一生付き合っていかないといけない。
であれば、そうなる前にサプリメントで血糖値をなんとかできるなら良いと思いませんか!

 

「漢方系サプリ」や「機能性表示食品」など種類がたくさんありました。
サプリメント以外にも食後に飲むと良い「コーヒー」もあるんですよ。

対策をすぐに始める!

血糖値,下げる,方法

私もそうなんですが、サラリーマンの生活で食生活に気をつけるのは意外と大変なこと。
歩くことは出勤や外出で何とかするとしても、まぁ運動不足である自覚はあり。
食生活だけは、不規則だし、お酒も飲むし、昼に炭水化物を摂らないと倒れそうだし、なかなか難しいんですよね。

 

夜は妻が献立を考えてはくれるものの、バランスが取れてるかというと怪しいです。
運動と食生活はとうぜん心がけるんですが、とにかく良いと言われたサプリメントは欠かさずに摂るようにしました。

 

3番目の<サプリメントを利用する>方法が一番簡単だし、負担が軽いです。

 

1日にすれば缶ジュース1杯分程度だし。

 

とにかく血糖値を下げるには、同じ生活を繰り返していても仕方ありません。
すぐに始められることからやる他ないですね!

 

>>すぐにできる血糖値対策


血糖値が上がる原因とは

遺伝要素も多少影響するようです。
食生活での糖質の摂り過ぎで、膵臓からのインスリン分泌が追いつかなかったり、またインスリンの働きが悪い場合もあります。
血糖値は低ければいいかというと、そういう問題ではありません。
高からず低からずのバランスをとる必要があるんです。

 

「インスリン」はこのバランスを保ってくれるわけですが、その働きが弱ると血糖値が上がってしまうということです。
ちなみにこの血糖値は「急激に上がったり下がったりする」のも良くなくて一定レベルで安定しているのが良い状態です。